日土友好秘話 前に戻る

 明治23年9月14日(日曜日)午後一時、横浜港を出港し、一路母国のイスタンブールに急ぐトルコ軍艦があった。サルタン・ムハメッド5世の勅命を受けて明治天皇に対し、トルコ最高の名誉勲章奉呈のため、同年6月7日横浜港に到着し、3ケ月間日本での歓待を受け、日土親交の大役を果たした後、栄えある帰途につく特派大使海軍少将オスマン・パシャ一行のエルトゥール号であった。

 9月16日(火曜日)熊野の海は、朝から風雨が激しく荒れ模様であった。夜になりさらに風雨は激しくなり、怒涛にもまれてエルトゥール号は進退の自由を失い、大波に翻弄されながら樫野崎灯台下の船甲羅の岩礁へと闇の中を押し流されていった。この船甲羅こそ、昔から航海者にとって海魔として恐れられていた岩礁であった。乗組員の必死の努力も空しく、同夜9時頃、艦は真っ二つに裂け、10時半頃に沈没し、オスマン・パシャ以下650名が海に投げ出された。
 そのうち士官ハイダール以下69名は、波濤の中、艦の破片にすがって約3時間ほど漂流し、樫野崎灯台下の俗称鷹浦にはい上がり、灯台に助けを求めたのである。
 嵐の夜、裸で赤ら顔の、波にもまれ傷つき血走った目の闖入者に、看守はしばし呆然としたが、前夜来の暴風雨から付近で難破した外人であることを察し、遭難者に手当を施し始めた。言葉が通じない上に混乱状態の中で、灯台技師瀧沢正浄は、万国信号書を見せてやっとトルコ軍艦であることがわかったと言う。

 これより先、樫野区民 高野友吉が海上方面からの爆発音を聞き、これを灯台看守に知らせるために駆けつける途中、異形の外人がよろけながら歩いているのに出会い、その人々を助けるとともに、区民に通報し協力しあって介抱を行った。
 こうして17日の朝までに救いを求めてきた遭難者は69名であった。嵐の夜半、通信手段も救助のための機材も満足にない離島であり、方策もたたなかったが、あり合わせの着物を着せ、傷の治療をしながら夜明けを待ったのである。明け方、大島村長沖周、古座分署長小林従二に急を告げた。
 そのうち須江、大島両区民も急を聞き応援に駆けつけた。
 折良く居合わせた熱田共立汽船 防長丸 渋谷梅吉船長のたどたどしい通訳で、沈没した船が、エルトゥール号、2344トン、600馬力、大砲を20門積み、乗組員650名の木造軍艦であるということが、断片的であるが初めてわかった。

 沖大島村長が直ちに県庁に打電するとともに、樫野、須江両区長と協力し、生存者を急造の担架で大島区の蓮生寺に送った。蓮生寺では、村医小林建斉、伊達一郎、松下秀等が治療に当たった。
 避難の将兵69名中健全なもの6名、軽傷63名であった。大島村民は各戸に蓄えている甘藷と、飼っている鶏を提供した。
 幸いなことに村民のうち堅田文右衛門が、洋食調理の心得があり、コック役を務めた。
 乏しい大島の食料は遭難者のために一夜にして底をついてしまった。それにもかかわらず村民はこれら遭難者のため、蓄えている食料すべてを喜んで提供したのである。
 食料の次に困ったのは衣類で、村民はありたけの浴衣を出し合い急場をしのいだ。
 六尺(185センチ)豊かな大男がちんちくりんの浴衣を着ている様は、悲壮感いっぱい漂う中で、ただ一つの笑いであった。
 その後一週間にわたり人夫百数十名により、他の遭難者の捜索につとめ、アリーベ艦長ほか219名の遺体を収容した。オスマン・パシャ以下残り362名はついに遺体すら発見されず、遠く故国を離れた異国の大島樫野の海底深く眠り続けている。
 発見された遺体は、ハイダール士官立ち会いのもとに、遭難した船甲羅が真下に見える樫野崎の丘に埋葬した。

 この負傷者救護のため、日本赤十字社は医師、看護婦ら9人を派遣して手当てを行ったが、これが日赤で初めての外国人を対象にした救護活動となった。
 日赤では、ただちに大島村に医師2人、看護婦2人を19日に派遣したが、途中の神戸で20日にドイツ軍艦「ウォルフ」が負傷者を迎えに行ったとのことで、神戸にとどまり同軍艦の寄港を待った。仮設病院は和田岬消毒所内にある乗客停留所に置き、21日に負傷者65人を収容した。負傷者の手当ては同停留所で続けることになり、日赤では24日、新たに医師、看護婦ら4人を派遣した。

 翌明治24年(1891年)、県知事ほか有志により義援金が集められ、墓碑と遭難追悼碑が建てられた。同年3月7日に追悼祭を行い、遭難した人々の霊を弔った。

 現在、串本町にはトルコ軍艦遭難碑や慰霊碑、トルコ記念館があり、五年に一度、駐日トルコ大使館との共催で行われるエルトゥール号殉難将士慰霊の大祭には、駐日トルコ大使、トルコ海軍代表、日本・トルコ両国に関係するほとんどの団体の代表者が参加すると言う。
 日本とトルコの友好関係は、本件により深まり、その後、共通の敵たる、帝政ロシアとの間で行われた日露戦争の勝利をもっとも喜んだのもトルコである。日本海海戦の名称「東郷」にちなんで「トーゴー」と言う名前も多くつけられている。

【 関連して 】

 トルコ軍艦遭難事故を知って、事故犠牲者の遺族のために日本全国を回って義援金を集めたことで有名な山田寅次郎(茶人:山田宗有)について書いてみる。
 幕末の慶應2年(1866年)に沼田藩江戸家老・中村雄右衛門(莞爾)の次男として江戸に生まれ、明治14年(1881年)に茶道宗偏流(そうへんりゅう)家元山田家に養子入りした。
⇒ 「偏」の字は正しくない。「にんべん」が「ぎょうにんべん」となるのが正しい。
 明治23年(1890年)、山田寅次郎24歳のとき、訪日から帰国途上のオスマン帝国軍艦エルトゥールル号の遭難事件が日本中に大きな衝撃を呼ぶと、山田は民間に義援金を集めて犠牲者の遺族に寄付することを思い立った。彼は親交のあった新聞社に働きかけて募金運動を起こし、日本中を演説会をして回って、2年をかけて5千円(現在の価値で1億円相当とされる)の寄付を集めた。
 明治25年(1892年)、山田は義援金を携えてオスマン帝国の首都イスタンブールに渡った。彼が自ら渡航したのは、先に外務大臣青木周蔵を訪問して義援金の送付を依頼したところ、君が自ら集めた義援金なのだから君自身が届けるのがよい、と青木に勧められたためという。
 同年4月、イスタンブールに到着した山田は早速オスマン帝国外相を訪問し、義援金を送り届けた。これにより彼が遠い日本から民間人でありながら義援金をもって自らやってきたことがイスタンブールの人々に知れわたると、彼はイスタンブールの朝野から熱烈な歓迎を受け、皇帝アブデュルハミト2世に拝謁する機会にすら恵まれた。このとき、彼が皇帝に献上した山田家伝来の甲冑は、現在もトプカプ宮殿博物館に保存、展示されている。
 山田はアブデュルハミト2世から士官学校での日本語の教育や、東洋の美術品の整理を依頼され、イスタンブールにしばらく滞在していたが、そのうちにトルコに愛着を覚え、そのままイスタンブールに留まって事業を起こすことを決意した。明治29年(1896年)、一時帰国を経て再びイスタンブールにやってきた山田は、イスタンブールに中村商店を開いて日本との間での貿易事業を始め、以後、数回日本とトルコの間を何度か行き来しながら、前後20年近くイスタンブールに滞在した。この間、一時帰国した時に大阪の紡績商の娘と結婚し、子供も設けたが、妻子は大阪に置いたままで、日本に落ち着くことはほとんどなかった。
 山田がイスタンブールに滞在していた当時、日本とオスマン帝国の間では治外法権の問題から国交交渉が進展せず正式の国交がもたれなかったこともあり、彼はこの町でほとんど唯一人の日本人長期滞在者であった。そこで、イスタンブールを訪問する日本人たちは官民、公用私用を問わずみな中村商店を訪問し、山田に様々な便宜をはかってもらっていたという。
 また、彼のイスタンブールに滞在中に起こった日露戦争では、ロシア黒海艦隊所属の艦艇3隻が商船に偽装しボスポラス海峡を通過したとの情報がイスタンブールから在ウィーン日本大使館を経て日本に送られ、重要情報として高い評価を受けたことが知られている。晩年の山田が語ったところによれば、この監視と打電を行ったのは山田自身であったという。
 このように彼はイスタンブールにおいて日土両国の政府関係者と繋がりを持ってトルコにおける日本の便益をはかったので、この時期の山田はいわば日本の「民間大使」であったと言われることもある。
 トルコ滞在中の山田は、トルコ人たちの呼びやすいムスリム(イスラム教徒)名をつけられ、トルコ人の友人たちからはムスリム名で呼ばれていた。彼が正式にイスラム教に改宗する手続きを行ったかどうかは定かではないが、のちに山田は「当時は心情的にはイスラム教徒に近かった」と語っており、そうしたことから彼は日本人ムスリムの草分けのひとりに数えられることもある。
 大正(1914年)、第一次世界大戦が勃発するとドイツら同盟国側に引き入れられつつあったオスマン帝国の対外情勢は緊迫したため、山田はイスタンブールを最終的に退去、帰国した。
【 後 日 談 】

 1985年3月17日、イラン・イラク戦争の最中の出来事である。

 イラクのサダム・フセインが、「今から四十八時間後に、イランの上空を飛ぶすべて の飛行機を撃ち落とす」と、無茶苦茶なことを世界に向けて発信した。
 日本からは企業の人たちやその家族が、イランに住んでいた。その日本人たちは、あわててテヘラン空港に向かった。しかし、どの飛行機も満席で乗ることができなかった。世界各国は自国の救援機を出して、救出していた。日本政府は素早い決定ができなかった。空港にいた日本人はパニック状態になっていた。そこに、二機の飛行機が到着した。トルコ航空の飛行機であった。日本人二百十五名全員を乗せて、成田に向けて飛び立った。
 タイムリミットの一時間十五分前であった。

 なぜ、トルコ航空機が来てくれたのか、日本政府もマスコミも知らなかった。前・駐日トルコ大使、ネジアティ・ウトカン氏は次のように語られた。「エルトゥールル号の事故に際し、大島の人たちや日本人がなしてくださった献身的な救助活動を、今もトルコの人たちは忘れていません。私も小学生のころ、歴史教科書で学びました。トルコでは、子どもたちさえ、エルトゥールル号のことを知っています。今の日本人が知らないだけです。それで、テヘランで困っている日本人を助けようと、トルコ航空機が飛んだのです。」

 【参考サイト】
  「エルトゥール号遭難事件」 出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
  「日本・トルコ友好秘話」
  「トルコ軍艦 エルトゥール号」
  「山田 宗有(寅次郎)」 出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』