土偶と埴輪の違い 前に戻る


土偶とは
 土偶(どぐう)は、人間を模して、あるいは精霊を表現して作られたと考えられる土製品で、日本では、縄文時代(約16,500年前〜BC10世紀)に製作された。古墳時代に製作された埴輪とは区別される。
 世界的には、こうした土製品は、新石器時代の農耕社会において、乳房や臀部を誇張した女性像が多いことから、通常は、多産や豊饒を祈る地母神崇拝のための人形と解釈されることが多い。ただし、世界史的には、狩猟・最終段階の時代のものとしての類例があまりない。

土偶の起源と変遷
 土偶は縄文時代早期に出現し、弥生時代には全く作られなくなる。勿論、旧石器時代にもない。縄文式土器と同様、土偶も出土地域や年代によってさまざまな様式のものがある。国立歴史民俗博物館(千葉県佐倉市)の調査によれば、日本全国の出土総数は15000体ほどである。出土分布は東日本に偏っており、西日本での出土はまれである。千葉県印旛郡印旛村にある吉見台遺跡からは、600個以上の土偶が出土している。
 現在までに出土している土偶は大半が何らかの形で破損しており、故意に壊したと思われるものも多い。特に、脚部の一方のみを故意に壊した例が多い。そのため、祭祀などの際に破壊し、災厄などをはらうことを目的に製造されたという説がある。また、大半の土偶は人体を大きくデフォルメして表わし、特に女性の生殖機能を強調していることから、豊穣、多産などを祈る意味合いがあったものと推定する説もある。

 土偶は、土をこねて人間の形をまねて創られ、焼き上げられている。全体は人間の形に作り上げられているものの、頭部・胴部・手足などを抽象的にあらわしている。しかし、乳房・正中(せいちゅう)線・腹部・陰部など特定な部分だけ具体的に表現されている。そこにこそ土偶の特色がある。さらに、土偶は全て女性像であり、男性を模したものは発見されていない。土偶は当初より、まず女性として製作されたことはほぼ間違いない。

 しかし、北海道千歳市で発見された土偶は明らかに男性性器を持っていて、例外的に男性の土偶と考えられている(千歳市有形文化財)。ただし、これはきわめて稀少な例であり、今のところ、唯一の例外である。


埴輪とは
 埴輪(はにわ)は、日本の古墳時代(AD3世紀中〜7世紀末)に特有の素焼の焼き物。古墳上に並べ立てられた。日本各地の古墳に分布している。大きく円筒埴輪と形象埴輪の2種類に区分される。埴輪からは、古墳時代当時の衣服・髪型・武具・農具・建築様式などの復元が可能であり、貴重な史料でもある。
 元々、吉備地方に発生した特殊器台形土器・特殊壺形土器は、墳墓上で行われた葬送儀礼に用いられものであるが、古墳に継承された円筒埴輪は、墳丘や重要な区画を囲い込むというその樹立方法からして、聖域を区画するという役割を有していたと考えられる。

埴輪の起源と変遷
 埴輪の起源は、弥生時代後期の吉備地方の首長墓に見られる特殊器台形土器および特殊壺形土器である。器台とは壺を載せる台のことであるが、特殊器台形土器は高さ1m程度の非常に大型の土器で、有段の口縁部に円筒形の胴部を持ち、スカート状に広がる裾部の下が脚部となる。胴部の表面には弧帯文と呼ばれる特徴的な文様を持つものが多い。特殊壺形土器も通常の壺よりも大型で、有段の口縁部に長い頸部で、胴部には突帯を持つ。特殊器台形土器の上に特殊壺形土器を載せて使用していた。「特殊」と冠せらるのは、その大きさや装飾性のみならず、基本的には墳墓遺跡からしか出土しないためであり、吉備の首長の葬送祭祀に使用されたものと考えられている。吉備地方以外では出雲地方などに数例見られるのみである。

 古墳時代前期初頭(3世紀中葉〜後葉)には、円筒形または壺形・朝顔形埴輪などの円筒埴輪しか見られなかったが、前期前葉(4世紀前葉)には、家形埴輪のほか、蓋(きぬがさ)形埴輪や盾形埴輪をはじめとする器財埴輪、鶏形埴輪などの形象埴輪が現れた。さらに、古墳時代中期中葉(5世紀中ごろ)からは、巫女などの人物埴輪や馬や犬などの動物埴輪が登場した。畿内では古墳時代後期(6世紀中ごろ)に前方後円墳が衰退するとともに、埴輪も次第に姿を消していったが、なおも前方後円墳を盛んに築造した関東地方においては埴輪も引き続き盛んに作られ続けた。


 【参考サイト】
  「埴輪」−フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
  「土偶」−フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』