日本の総理大臣(戦前の昭和時代) 前に戻る
氏 名 在職期間 出身地・学歴・その他
26 田中義一
たなか ぎいち
田中義一内閣
1927年4月20日-1929年7月2日
【在職日数】805
【出身地】長州藩/山口県
【学歴その他】陸大卒。陸軍軍人
【就任時年齢】63歳。立憲政友会総裁(予備役陸軍大将)
27 濱口雄幸
はまぐち おさち
濱口内閣
1929年7月2日-1931年4月14日
【在職日数】652
【出身地】土佐藩/高知県
【学歴その他】東大法卒。大蔵官僚。衆議院議員
【就任時年齢】59歳。立憲民政党総裁
在任中に狙撃され負傷。
濱口雄幸の負傷により幣原喜重郎が総理大臣を兼務(1930年11月14日-1931年3月10日)
28 若槻禮次郎
わかつき れいじろう
第二次若槻内閣
1931年4月14日-1931年12月13日
【在職日数】244【在職通算】690
【出身地】松江藩/島根県
【学歴その他】東大法卒。大蔵官僚。衆議院議員
【就任時年齢】65歳。立憲民政党総裁
29 犬養毅
いぬかい つよし
犬養内閣
1931年12月13日-1932年5月16日
【在職日数】150
【出身地】庭瀬藩/岡山県
【学歴その他】慶應義塾中退。新聞記者。衆議院議員。
【就任時年齢】76歳。立憲政友会総裁
在任中に襲撃(五・一五事件)され、5月15日午後11時26分死亡
犬養毅の死亡により蔵相高橋是清が総理大臣を兼務(1932年5月16日-1932年5月26日)
30 齋藤實
さいとう まこと
齋藤内閣
1932年5月26日-1934年7月8日
【在職日数】774
【出身地】仙台藩(水沢藩)/岩手県
【学歴その他】海軍兵学校卒。海軍軍人。朝鮮総督(2期)。ジューヴ海軍軍縮会議主席全権
【就任時年齢】73歳(予備役海軍大将)
31 岡田啓介
おかだ けいすけ
岡田内閣
1934年7月8日-1936年3月9日
【在職日数】611
【出身地】越前藩/福井県
【学歴その他】海大卒。海軍軍人
【就任時年齢】66歳(予備役海軍大将)
二・二六事件で、在任中に襲撃され、前任者の斉藤實、片腕と頼む高橋是清蔵相、義弟の松尾を失い、岡田の受けたショックは大きかった。この為、内務大臣後藤文夫が臨時代理を務めた。
32 廣田弘毅
ひろた こうき
廣田内閣
1936年3月9日-1937年2月2日
【在職日数】331
【出身地】福岡県
【学歴その他】東大法卒
【就任時年齢】58歳
33 林銑十郎
はやし せんじゅうろう
林内閣
1937年2月2日-1937年6月4日
【在職日数】123
【出身地】石川県
【学歴その他】陸大卒。陸軍軍人
【就任時年齢】60歳(予備役陸軍大将)
34 近衞文麿
このえ ふみまろ
第一次近衞内閣
1937年6月4日-1939年1月5日
【在職日数】581
【出身地】東京府/東京都
【学歴その他】京大法卒。公家華族。貴族院議長
【就任時年齢】45歳
35 平沼騏一郎
ひらぬま きいちろう
平沼内閣
1939年1月5日-1939年8月30日
【在職日数】204【在職通算】2,720
【出身地】津山藩/岡山県
【学歴その他】東大法卒。司法官僚。大審院長。枢密院議長
【就任時年齢】71歳
36 阿部信行
あべ のぶゆき
阿部内閣
1939年8月30日-1940年1月16日
【出身地】石川県
【学歴その他】陸大卒。陸軍軍人。後に朝鮮総督
【就任時年齢】63歳(予備役陸軍大将)
37 米内光政
よない みつまさ
米内内閣
1940年1月16日-1940年7月22日
【在職日数】189
【出身地】岩手県
【学歴その他】海大卒。海軍軍人。連合艦隊司令長官
【就任時年齢】59歳(予備役海軍大将)
38 近衞文麿
このえ ふみまろ
第二次近衞内閣
1940年7月22日-1941年7月18日
【在職日数】362
【就任時年齢】48歳
39 近衞文麿
このえ ふみまろ
第三次近衞内閣
1941年7月18日-1941年10月18日
【在職日数】93【在職通算】1,035
【就任時年齢】49歳
40 東條英機
とうじょう ひでき
東條内閣
1941年10月18日-1944年7月22日
【在職日数】1,009
【出身地】岩手県
【学歴その他】陸大卒。陸軍軍人
【就任時年齢】57歳。現役陸軍大将
41 小磯國昭
こいそ くにあき
小磯内閣
1944年7月22日-1945年4月7日
【在職日数】260
【出身地】栃木県
【学歴その他】陸大卒。陸軍軍人。朝鮮総督
【就任時年齢】64歳(予備役陸軍大将)→ 現役復帰
42 鈴木貫太郎
すずき かんたろう
鈴木貫太郎内閣
1945年4月7日-1945年8月17日
【在職日数】133
【出身地】関宿藩/千葉県
【学歴その他】海大卒。海軍軍人。連合艦隊司令長官。侍従長。枢密院議長
【就任時年齢】77歳(予備役海軍大将)
43 東久邇宮稔彦王
ひがしくにのみや なるひこおう
東久邇宮内閣
1945年8月17日-1945年10月9日
【在職日数】54
【出身地】京都府
【学歴その他】皇族。陸大卒。陸軍軍人
【就任時年齢】57歳
1945年8月15日より連合軍の占領下(9月6日主権放棄)
44 幣原喜重郎
しではら きじゅうろう
幣原内閣
1945年10月9日-1946年5月22日
【在職日数】226
【出身地】大阪府
【学歴その他】東大法卒。外務官僚。貴族院議員。内閣総理大臣臨時代理
【就任時年齢】73歳。元外務大臣。進歩・自由連立。連合軍の占領下
45 吉田茂
よしだ しげる
第一次吉田内閣
1946年5月22日-1947年5月24日
【在職日数】368
【出身地】東京府/東京都
【学歴その他】東大法卒。外務官僚。貴族院議員
【就任時年齢】67歳。日本自由党総裁。自由・進歩連立。連合軍の占領下
日本国憲法は1947年5月3日、第45代の第一次吉田内閣の時に施行。