2020年6月20日〜20日
南国ホテル・一泊ドライブ旅行
前に戻る




南房総市/原岡桟橋の夕陽(夕方になるとこんな感じです)


 全国的に外出自粛が解除されたので、早速予約していた南房総白浜の「南国ホテル」にマイカーで一泊旅行にいってきました。

初日の20日昼過ぎに、JR稲毛駅前で連れの彼女と合流し、京葉道路を一路房総半島を南下して「南房総市」に向かって出発しました。最初の目的地は原岡海岸にある「原岡桟橋(富士見の丘/岡本桟橋)」と呼ばれているフォトジェニックスポットです。木製桟橋の向こうに見える赤く染まる富士山で人気の桟橋で、夕陽に染まる時間帯が望ましいのですが、時間的に合わず残念でした。


原岡桟橋の全景

原岡桟橋ニテ

 16時ころに南国ホテルに到着。予想以上に盛況で、駐車場がほぼ満杯で少々焦った。

 まさかこんなに混んでいるとは、カップルや家族ずれで混雑していた。入り口で手をアルコール消毒して、おでこを検温され、チェックインである。

 部屋は、4階海側の和室である。ホテル自体は古いものだが、伊東園ホテルグループになったせいか、必要な箇所はリニューアルされており、我々の部屋も、畳は新しく、寝具類も清潔で満足感はあった。但し、部屋の洗浄機能付きトイレは、洗浄機能が壊れており何故か水流が下向きに出ており機能せず最悪でした。

 そして、和室なのに壁に飾ってある絵がベネチアの風景画で、「えッ」と言う感じでチョット違和感ありでしたが、今どきは、こんなものなのかも・・・私の感性がおかしいのかも・・・


南国ホテル外環(HPより拝借)

和室に飾ってあった風景画

 大浴場は、夕食前と夜22時頃、そして、翌朝5時半過ぎと三回利用したが、宿泊客が多い割には混雑しておらず、湯の温度も丁度良く快適でした。


大浴場・内風呂(HPより拝借)

大浴場・露店風呂(HPより拝借)

 翌日は、10時にチェックアウト。ホテル近くの野島崎灯台に向かったが、駐車場がバイクのツーリング・グループに車5〜6台分が占領されており駐車出来ず、あきらめて冨浦方面に向かった。バイクの駐車スペースは別に用意されているのに、困ったものです。

 冨浦の「お百姓市場」でお土産を購入。時間的に昼近いので、館山駅前の「イタリア食堂」に向かった。初めてのお店でしたが、駅前ビルに何店舗か集まっている一軒で、こじんまりした綺麗な店でした。ランチタイムは、リーズナブルな価格で美味しいイタリアンをいただけるお勧めのお店です。


イタリア食堂の全景

パスタ、ピッツァ、鯛のカルパッチョ、海老・夏野菜焼き

 昼食後は、今回の旅行の目的の一つである「濃溝の滝(のうみぞのたき)」に向かって出発した。SNSで一躍有名になった「濃溝の滝/亀岩の洞窟」は、千葉県君津市の「清水渓流広場」内にあります。この公園はハート型に光る亀岩の洞窟をはじめとして、インスタ映えする撮影スポットが多数あります。

 但し、拝借した投稿写真の様に洞窟にハート型に陽がさすのは、3月と9月の早朝だけだそうです。

 場所としては、亀山カントリークラブや亀山湖の近くの「笹」地区で、房総半島の安房鴨川から北に約10キロに位置します。


濃溝の滝(2020/6/21撮影)

濃溝の滝(投稿写真を拝借)